イノベーション推進機構について

「学生・大学・社会が一体となってイノベーションを創出していく」

東京農工大学では、学術研究に限らない幅広い分野における社会活動を先導できる優れた人材の輩出に向け活動を推進しています。これまでに実施した「キャリアパス支援センター事業」、「アグロイノベーション高度人材養成センター事業」の理念を継承し、高度な専門性を持った博士学生・取得者が食糧、水資源、環境、人口、感染症対策など、21世紀の諸問題にかかわる技術革新、産業創出、社会政策提言ができる人材の育成を目標に、平成22年4月より東京農工大学に「イノベーション推進機構」が設置されました。

イノベーション推進機構長 千葉 一裕

「イノベーション」とは新しい価値を世の中に提案し、その社会実現が達成されることです。さらにわかりやすく表現すれば、自分の研究成果、アイデア、信念とすることなどが社会に受け入れられるよう努力を積み重ね、最終的に大勢の人たちの喜びや、企業の継続的な利益、新たな社会システムの構築などに結びつくことだと思います。このとき大切なことは、最終的な到達地点までしっかり考え、実現するために共に努力していく姿勢を持つということです。「社会実現」とは、言葉では簡単ではありますが、実際には深い見識や社会力、さらには人としての魅力、先見性、戦略性、情熱といった根源的な力も必要になります。このような力は誰でも本質的には持っているものであり、またその力を伸ばすこともできるものだと思います。重要なことは、このような力をしっかり伸ばしていこう、同じ目標を持った仲間を増やし、力をあわせて行こうという気持ちをもった若い人材を次々と輩出できるよう、大学が社会と共に真剣に取り組んでいくことだと思います。

「イノベーション推進機構」は、学生がこれから大いに活躍するための機会を創出するために、自らの能力を広げ、発揮し、探求し、学ぶこという動機付けを明確化できるようにすると共に、教職員や社会も一体となった新しい教育プログラムの開発、実践を積極的に推進したいと考えています。当然のことながらイノベーションの実現を推進することは、大学を越えた取り組みになります。大学内外の多くの皆様のご理解、ご支援をいただきながら目標を達成したいと思いますので、是非ともご協力をいただけますようよろしくお願いいたします。

起業実践イノベーションリーダー育成プログラム(EDGEプログラム)

EDGE プログラム は、イノベーションを起こす方法を学び実践したい人が集まる、日本最大のイノベーション・コミュニティです。
本学は、アントレプレナーシップ教育分野の先端を走る大学として、平成26年度にEDGE 13 大学の1つに選定され、次にくる世の中をいち早く創るための実践的なイノベーション教育プログラムを実施しています。

詳細はこちら

双方向支援型イノベーション実践プログラム

大学と企業が協働で実施する新たな商品、サービスの事業化、海外市場への展開の現場において、技術開発から事業展開までのバリューチェーン、サプライチェーンを総合的に経験できる新たな人材育成プログラムを構築します。

詳細はこちら

高校生ワークショップ

エネルギー、食糧、環境、人口、感染症など、今、私たちが抱えているこれら地球規模の様々な問題を高校生の皆さんと一緒に考え、課題解決に取り組んでいくプログラムです。未来を創っていく次世代の皆さんには、「幅広い知識」「伝える力」「スピード感」が求められています。イノベーション推進機構は、高校生ワークショップを通じて、これらの力を身につけるお手伝いをしています。

詳細はこちら